プチサーフトリップの続き・・・

というわけでこないだの続きです。

城でのショックを引きずったまま2ラウンド目はあの奄美大島出身で最近産休開けの
復活シングルを出したばかりの元ちとせの故郷である嘉徳(かとく)へ移動・・・

f0074571_21241215.jpg


移動の途中の網の子峠からの景色です。ここからは奄美の南にある
加計呂麻島(かけろまじま)も見えて、岬の先には台風の時のみトリプルクラスのビッグスウェルを味わえる“ヤドリヶ浜”も一望できとても気持ちのイイ眺めなので、嘉徳に行くときは
必ず車を止めてしばらくボーッとしています。

さてそこから山を下ること10分、久々に嘉徳に来ました!↓

f0074571_2136547.jpg


奄美では数少ないビーチブレイクポイントでここも地形が決まればレギュラー、グーフィー
どちらもロングライドできてビーチという安心感からか少しばかり気持ちが緊張から開放され
る大好きなポイントなんです。

f0074571_2213417.jpg


がしかし、この日はあいにくダンパー気味のスモールコンディション・・・(ToT)

せっかくなので入ってみましたがやはり×・・・30分もせずに上がりました。

ここも台風にはすごいサイズになって、去年の夏はカナダから来てた若い英語教師2人が
サイズがでか過ぎて誰も行かないときに海に入り、まんまと流されて遭難・・・

一人はなんとか自力で上がったもののもう一人は見つからず、海上保安部や自衛隊までも
出動しての大騒動!捜索は難航し次の日の夜明けと共に、なんとか岩場にしがみついてた
とこをヘリコプターで救助される映像がニュースに出てました。

素人の僕が言うのもなんですが、やっぱナメたら痛い目にあうのが自然の怖さですよね~・・・

すごいのがその人は嘉徳集落の住人に次の日に謝りに来たらしいが、何日かしたらまた
そこでサーフィンを楽しんでたらしい・・・

と、海から上がって集落の中をぐるぐる回っていたら、小学校跡をアトリエに改造して
絵画と陶芸をやっているという夫婦がいると噂で聞いていたのでそこを尋ねてみたが、
どこかに里帰りしていて留守だった。残念・・・

さて、休日のサーフィンも楽しんだとこで次は何にしようかな?
 
お!そうそう、次は私の仕事の一部である陶芸について少し紹介していこう!

では次回!
f0074571_22205726.jpg

[PR]

by daigonakatani615 | 2006-03-14 22:25  

<< 今日から・・・ やっと・・・ >>